top of page
  • chishin-en

幻想的な虫おくり行事がおこなわれました(2023.6.10)

更新日:2023年6月13日


丸山千枚田 北山砲の花火

6月10日(土)午後6時に丸山千枚田に田の枚数と同じ1,340本のキャンドルが灯され、虫おくりの行事が4年ぶりにおこなわれました。

心配された雨も時折傘が必要となるときもありましたが、なんとか持ち堪えました。

午後7時から、地元の子供達が参加して「虫おくり」の行事がおこなわれました。

太鼓と鐘の音に合わせて「虫おくり殿のお通りだい!」の掛け声で丸山神社を出発して、お札を田んぼに立てて豊作を願いました。

午後8時には、紀和の火祭りで使われる迫力ある北山砲が2発炸裂し(最初の写真)、虫送りの行事が終了しました。



ロウソクの明かりが揺れる丸山千枚田

会場には三脚がずらっと並び、多くのカメラマンが美しい丸山千枚田の灯りを撮影していました。


暗闇に浮かぶ1430の灯り

ロウソクの優しい光が揺れながら、丸山千枚田を浮かび上がらせました。 今年もたくさんのお米が収穫されますように。

閲覧数:787回

最新記事

すべて表示
bottom of page