• chishin-en

2021年オーナー、守る会募集が始まりました

最終更新: 2月6日


「千枚田を舞台に都市住民との交流を図り、一緒になって千枚田を守っていこうという」趣旨のもと、平成8年度から千枚田の一部を利用して千枚田オーナー制度の運営を行っています。

 現在では、丸山千枚田7.2haのうちの約1.6haをオーナー用として活用しており、毎年100組を超える申込があります。オーナーさんは、昔ながらの手作業による田植えや稲刈りのほか、地域のイベント等にもご参加いただいています。

 日本一とも言われる丸山千枚田の景観、そして貴重な農耕文化を守っていく私たちの取組にご協力ください。

皆で残そう!十年、百年、千枚田。

丸山千枚田は、日本の棚田百選に選ばれている、紀和町丸山地区の山の斜面に幾重にも描かれた棚田です。

古文書には、西暦1601年(慶長6年)には2240枚あったと記されており、永い時を経て現存する日本の宝です。しかしながら、昭和50年代以降、過疎・高齢化の波を受けるなどして、平成5年には530枚まで減ってしまいました。

「自分たちの世代で、この貴重な財産を失うのは惜しい」という地元人々の強い想いがあり、平成5年から丸山千枚田の保全活動が始まりました。地域の人たちで結成した「丸山千枚田保存会」をはじめ、それを応援する人たちの努力により、現在は1340枚まで復元されています。

この貴重な文化を守り、後世に残し伝えていくことに賛同していただけるオーナー、守る会会員を募集しておりますので、何卒保全活動にご協力ください。 ●令和3年度 丸山千枚田オーナー募集要項

r3owner_bosyuu
.pdf
PDF • 533KB

●令和3年度 丸山千枚田オーナー申込用紙をダウンロード

r3ownermoushikomi
.pdf
PDF • 249KB

●令和3年度丸山千枚田を守る会 会員募集要項・申込書をダウンロード

r3mamorukai
.pdf
PDF • 399KB


44回の閲覧0件のコメント